• あなたのまちの物語りを作りませんか
  • コラボレーションプロジェクト募集
  • Nipponia Nipponオリジナルソングコラボレーション(恊働)企画
  • 取材承ります。
  • ニッポニアニッポンへのお問い合せ・ご相談
ニッポニア・ニッポンの活動実績について

鞆の浦メニュー開発プロジェクト

鞆物語と東京ローカルレストランがコラボレーション。鞆の浦の新しい郷土料理を開発しました。

鞆の浦メニュー開発

鞆の浦に新しい郷土料理を

鞆の浦の郷土料理の開発を手掛ける「龍馬料理開発委員会」の方から、鞆物語は、こんなご相談をいただいた。 「鞆の浦らしい食材を使って、女性向けスイーツとか、手軽に食べられる軽食とか、なんか作れないかなあ?」 「ううん、そうですね…、瀬戸内の小魚とか、ワタリガニとか、たことか…、ですかね?」 はじまりは、そんな会話からでした。現地のニーズに応えるため、鞆物語が現地コーティネートを担当し、東京ローカルレストランがメニュー開発を担当します。東京ローカルレストランが持つ食に対する匠の技と、鞆物語が持つ現地・鞆の浦との“絆”―。その両輪が繋がり、鞆物語初となる、このコラボ企画が誕生しました。

地元生産者の皆さんとフレンチの森茂彰シェフ

郷土料理を開発するにあたり地元生産者の皆さんにご協力いただきました。瀬戸内のお魚、海苔、ほうれん草、くわい、原木椎茸と地元産の“旬”が様々。

img1

「まあまあ、いいサイズじゃろう」

img2

驚きの海苔漁に遭遇!

img3

ここの畑のほうれん草の味は濃い!

img4

福山名物・くわいの畑にて

img5

もぎたての原木椎茸を試食

そしてこれらの食材を使って料理してくださったのは、恵比寿のフレンチレストラン「moRi」のオーナーシェフ である森茂彰さん。2001年にフランスに渡り、星付きレストランで腕を振るった経歴をお持ちのフレンチ界の 重鎮です。「誰でも簡単に作れて、それでいて、鞆の浦らしく、美味しくて、名物になる料理を」というお願いに 誠心誠意、試行錯誤しながら応えてくださいました。

img6

調理方法の効率化を考える森シェフ

img7

地元食材の魅力を最大限に引き出せるメニューとは

新メニュー決定!

いくつか試作していただいた中で、現場のニーズに合ったメニューとして、次の3品が選出されました。

img8

厚切りクワイハニートースト

くわいのほろ苦さとはちみつの甘さが相性抜群。冷たいバニラアイス、ホイップクリームと一緒にどうぞ。地元ならではの贅沢スイーツです。

img9

厚切り海苔バタートースト

磯の香りたっぷりの海苔とコクのある濃厚バターが相性抜群。焼きたての厚切りトーストに載せて。一度食べたらやみつきになる、何とも言えない 海の味です。

img10

鞆あげ

伝統的なフランス料理である「アクラ」を、鞆の浦風にアレンジ。地元の たことネギをふんだんに混ぜ込んだ、食感も楽しめる一品。瀬戸内の香り を、まるごと楽しめます。

開発されたメニューはSHION(潮音)にてご提供中です。

新メニューの内、厚切りクワイハニートストは鞆の浦の渡船場2F、SHION(潮音)にてご提供しています。他2点に関しても順次提供予定ですので、どうぞお楽しみに!鞆の浦へおたちよりの際は、是非お召し上がりください。

渡船場カフェSHION(潮音)について

SHION

渡し場サロン SHION(潮音)
~展望カフェ&ギャラリー~

広島県福山市鞆町鞆623-5
市営渡船場2F shion.tomonoura@gmail.com

関連リンク

鞆の浦メニュー開発プロジェクト

その他の実績

  • 会津一会プロジェクト

    会津一会プロジェクト

    会津物語では会津の食を応援する会津一会プロジェクトをはじめました。第一弾は会津の「お米」です。

  • 鞆色写真館プロジェクト

    鞆色写真館プロジェクト

    鞆の渡船場にオープンしたギャラリーカフェ、SHION。オープンイベントに写真を飾らせて頂きました。