ニッポニア・ニッポンとは

  1. HOME
  2. ニッポニア・ニッポンとは

ニッポンの
未来は
地域にある

私たちの活動は東⽇本⼤震災がきっかけで始まりました。
私たちのメンバーにもそれぞれの故郷があり、東京からでも出来ることがあると考えたからです。
この活動を始める際、私たちはひとつだけメンバーで約束したことがあります。
それは何があっても継続するということ。 想いを持って活動しても途中でやめてしまうようでは地域の皆様から信頼を得ることは出来ません。
私たちの活動は少しづつカタチになり、おかげさまで九年⽬を迎えることが出来ました。 私たちの活動は、地域の魅⼒を写真と⾔葉で紡ぐ「地域物語り」から始まり、地域創⽣を地域との共創で促進する「プロジェクト」、物づくりの魅⼒を伝統と⾰新で伝える「物づくりギルド」へと広がっています。
これまでも、これからも。
私たちは、「ニッポンの未来は地域にある」を信条に活動の場(地域)を広げて参ります。
代表挨拶
一般社団法人ニッポニア・ニッポン代表理事 髙橋 衛

一般社団法人ニッポニア・ニッポン
代表理事 髙橋 衛
公認会計⼠・税理⼠。慶應義塾⼤学経済学部卒業後、監査法⼈トーマツ⾦融事業部にて監査業務及び地域創⽣プロジェクトを歴任。現在、⼀般社団法⼈ニッポニア・ニッポン理事⻑兼JAZY株式会社執⾏役員として地域創⽣事業を統括する。
地域からニッポンを元気にする!
新しいニッポンの創造に向けて
ニッポニア・ニッポンは「トキ」の学名です。
非常に「日本」らしい学名をもつトキも、国産種は絶滅に追い込まれてしまいました。今まさに、全国の地域で日本らしさが消えていこうとしています。このままではトキと同様取り返しがつかなくなる、我々にできることは何か?という考えから各々が立ち上がり、その使命感を法人名に込めました。私たちニッポニア・ニッポンは、その使命感を胸に、それぞれの地域が元々持っていた個性豊かな価値の本質を守りつつ、現代に合うようアップデートし、後世に引き継がれるようなお手伝いをしたいと考えています。さまざまな災害やコロナショックを経験した我々の価値観は、確実に変わりつつあります。テレワークの拡大・定着などを契機として、地域の価値や魅力が改めて見直されつつあるのではないでしょうか。この流れが続けば、今後のニッポンが輝けるかどうかは地域次第という時代が来るでしょう。私たちニッポニア・ニッポンは、ニッポンらしさが色濃く残っている地域の価値最大化を通して、「新しいニッポン」の創造を目指していきます。
img-ryuka2
img-ryuka2
ニッポニア・ニッポンの
ロゴマークとキービジュアル
ニッポニア・ニッポンのロゴマークとキービジュアルは、 紅型作家の新垣優香さんにご提供して頂いております。 沖縄の伝統工芸である「紅型」に、斬新な新しい息吹を吹き込み、 コンテポラリーアートとして、独自の世界観を作り上げる新垣優香さん。 この「伝統」+「革新」=「普遍」の価値観は、 ニッポニア・ニッポンの目指す地域の未来と合致しています。
団体概要
名称 一般社団法人ニッポニア・ニッポン
代表理事 髙橋 衛
理事 天羽 優太、永原 清一、草野 紀親、加藤 瑞穂
設立日 2012年6月
所在地 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンター 6F
TEL 03-6205-7717
FAX 03-6205-7755
URL https://nipponianippon.or.jp
E-MAIL info@npnp.jp
GROUP https://www.jazy.co.jp/
アクセス
一般社団法人ニッポニア・ニッポン
▶︎東京本社
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-1
日本プレスセンター 6F TEL 03-6205-7222

[最寄り駅]
内幸町駅(都営三田線)A7出口(徒歩2分)
霞ヶ関駅(千代田線/日比谷線)C4出口(徒歩2分)
霞ヶ関駅(丸ノ内線)B2出口(徒歩5分)
虎ノ門駅(銀座線)10出口(徒歩7分)
新橋駅 (JR)日比谷口(徒歩9分)
[駐車場]
富国生命の地下駐車場or日比谷公園の公営駐車場をご利用ください。

日本プレスセンターは、優れた既存建築物としてBELCA賞を受賞しています。