地域活性化・地方創生に取り組む企業や地方自治体の活動、また地方創生に関する全国のニュースを紹介します!
地方創生とは、日本国内の各自治体が各々の特徴を活用して、自律的かつ魅力ある社会を築き上げていくことを言います。

宮城県石巻市の地方創生

宮城県の東部に位置しており、県庁所在地の仙台市に続き県内第2の人口を擁する石巻市。東日本大震災による被害からの復興を通じて、世界的な復興モデル都市を目指しているまちです。石巻市では、平成27年に入り「石巻市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定。人口減少の状況を捉え、雇用の創出および確保、生活全般の環境向上、育児環境の向上などさまざまな観点から対策に取り組む方針です。

Post Date
2016.06.17

京丹後市の地方創生

京都府の最北部に位置する京丹後市。豊かな自然に恵まれ、数多くの温泉施設を有し、松葉ガニや間人ガニがおいしい、ゆったりと温かい街です。この町では、地方創生のために国の総合戦略に挙げられている「まち・ひと・しごと創生」政策5原則を念頭に置き、しっかりと咀嚼したうえで、市の状況に置き換え施策を展開しています。

Post Date
2016.01.22

塩尻市の地方創生

長野県塩尻市は、世界最大規模のアドホック無線センサーネットワーク網による「鳥獣被害対策」と「地域児童見守りシステム」で地方創生を実現しています。センサーネットワークによって、有害鳥獣の動向の“見える化”に成功。また、地域住民に統一行動を促すことで、地域社会の絆を一層強くし、地方活性化・地方創生に繋げました。

Post Date
2015.07.20

地方創生を対象とした「交付金」と「補助金」

地方創生の交付金に、「地域住民生活等緊急支援のための交付金」があります。これは、地方公共団体が目的に合った施策を実施するのに使用できる交付金です。これは、生活支援策が対象となる「地域消費喚起・生活支援型」と、総合戦略においてのしごとづくりなどの事業が対象の「地方創生先行型」に分けられます。

Post Date
2015.10.07

上勝町の地方創生

四国で一番小さな町、徳島県上勝町。上勝町では、「葉っぱビジネス」「ごみゼロ」に、「教育」を加えた三つの政策を中核として、「ふるさと版地方創生戦略」を策定。上勝町の地方活性化は、平成26年度安倍内閣の補正予算にて閣議決定された地方創生先行型交付金(※)の交付や、県の補助金や助成金といった財政支援制度が積極的に活用されています。

Post Date
2015.07.14

神山町の地方創生

石破大臣を地方創生担当大臣に向かえ、内閣府地方創生本部にて“地方創生元年”と位置付けられた平成27年。この年に徳島県神山町は、安倍政権にて閣議決定されたふるさと版地方創生戦略「まちを将来世代につなぐプロジェクト」を公開。戦略策定には、自治体の若手職員と住民を対象としたグループが協働会議にてアイデアを出しあい、連続的でかつ拡張性と継続性を伴う地方創生事業が決定されました。

Post Date
2015.07.09

「地方創生」がよく分かる!

安倍政権における2014年秋の臨時国会でも目玉とされた「地方創生」。東京一極集中などの人口問題で地方消滅の危機が叫ばれる中、多方面から“地方創生”や“地方活性化”、”地域創生“といった言葉をよく耳にするようになりました。ここでは、地方の創生において国と地方が取り組んでいる政策と課題をわかりやすくご説明します。

Post Date
2015.06.15